Site Scan ソリューション

Site Scanは、空撮測量から3D化まで自動で行う新システム

app-logo-with-titleUAVの簡便な操作性から生まれたCloud技術

  • 作業効率:測量~3Dデータ化を自動化し時間短縮
  • 情報管理:工事設計から施工の進捗を一元管理
  • 作業連携:クラウドで現場と離れた場所から作業の連携
  • 投資効果:ハイスペックのPCが不要
  • 汎用性 :クラウドに保存されたデータの共同利用

 


UAVのオートパイロットとAutodeskの技術

空撮 測量 クラウド処理 サービス
solo-drone-met-sony-umc-r10c site-scan-tablet site_scan_manager site-scan4
  • UAV+高性能カメラ による高精度撮影
  • 離陸から撮影、帰還まで完全オート
  • Site Scanアプリで自動空撮による測量
  • 範囲はタブレットのマップをなぞるだけ
  • Site Scanのアルゴリズムで最適な空撮
  • クラウドで撮影写真から様々な3D作成
  • 様々なソフトウェアで使用できるデータ
  • 自動でジオタグ処理 高精度の3次元画像
  • ハード、ソフト両面の手厚いサポート
  • 最大限の安心を提供

Cloudによる作業の効率化

撮影 データ処理と管理 編集・加工
construction-specialist clouds 3d-model
  • Site Scanアプリをダウンロード
  • タブレットで測量範囲を設定
  • 自動離陸・帰還
  • 自動ジオタグ処理
  • 3DRクラウドへデータ送信
  • ReCap360で自動画像処理
  • 進捗状況は常にネットで確認
  • クラウド環境でデータ共有
  • 担当者全員で運用面の統一
Autodesk、建設システム、Esriなどソフトウェアに合わせて出力できます

  • GeoTIFF:統合オルソ+ラスターサーフェス
  • RCS, LAS :3D 点群
  • OBJ, FBX, RCM :3D メッシュ

自動飛行モード:Survey

測量範囲をタブレットで選択すると、Soloは全自動で飛行し決められたインターバルで撮影をします。撮影された画像には位置情報が記録され、タブレットでジオタグ処理されます。オルソデータとして記録された画像は、3DR CloudでAutodesk Recapで3次元処理されます。

  1. フライトプラン作成
    タブレットに表示された地図で撮影範囲を選択
  2. 空撮設定
    撮影範囲から自動で飛行ルートを設定
    指定されたルートから撮影枚数を自動計算
    (シャッタースピード・オーバーラップ/サイドラップ自動計算)
  3. データ収集
    SoloからWiFiで写真をタブレットに自動転送
  4. データ転送
    タブレットから3DRクラウドにデータを自動転送
survey

お問合せはこちら

以下のフォームよりお気軽にお問合せください。必要に応じて後日担当者よりお返事差し上げます。
※誠に恐縮ですが、すべてのお問合せに対応をお約束するものでは御座いません、予めご留意ください。

※下の文字を隣のフォームに入力してください
captcha