無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領が改正されました 2019/7/26

新たに航空法に基づく許可・承認を受け、飛行を行う場合は、その都度、飛行前に「飛行情報共有システム」を利用して飛行経路に係る他の無人航空機の飛行予定の情報等を確認するとともに、当該システムへ飛行予定の情報を入力することが必要となります。

無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領 改正(PDF)
・飛行情報共有システム https://www.fiss.mlit.go.jp/top

引用:国土交通省

※弊社管理の飛行許可承認を取得している皆様には別途ご案内差し上げます。

 

上記に伴い今後新規(更新含む)に飛行許可を申請される皆様は、従来よりひとつ手間が増えます。

 

弊社は国土交通省航空局HP記載の講習団体ですので、

本件含め初心者の方にも航空法などの法規や、ドローンの基本的な操作など懇切丁寧なドローン教習(修了者に無人航空機飛行ライセンス発行)を承っております。

教習は同時に最大2名までの少人数制で、飛行訓練はインストラクターがマンツーマンでしっかりと指導致します。(3名以上同時教習をご希望のお客様はご相談ください。)。

またご要望に応じた内容(映像、農業、建設業など業種別に特化するなど)で、企業様や団体様向けのドローン講習も承っております、お気軽にご相談ください。

 

ドローン教習に関するご質問、ご依頼等詳しくはお気軽にお問合せください。

※下の文字を隣のフォームに入力してください
captcha

FARO®社 製品の取り扱い開始 3Dソリューション レーザースキャナほか

FARO® レーザースキャナ FOCUS
FARO® レーザースキャナ FOCUSシリーズ

 

バニラファクトリーはドローン(UAV=無人航空機)による3次元測量サービスの事業展開拡大を図り、FARO社製3Dスキャンソリューションの取り扱いを開始しました。

機材の販売はもちろん、トレーニング、デモ等柔軟に対応させて頂きますので、お気軽に問い合わせください。

 

 

FOCUS 350
FOCUS 350

 

製品概要

Focusシリーズには、測定範囲の異なる3つのレーザースキャナーがあります。Focus 350は最大350mまでの長距離スキャン、Focus 150は最大150mまでの中距離スキャン、そして、Focus 70は最大70mまでの短距離スキャンに最適です。

S レーザースキャナーモデルは全て、IP54規格に準拠した防塵・防水設計です。スキャナーは、過酷なスキャン条件で発生の可能性がある粉塵、飛沫、またその他の外部環境からの侵入を防ぐ設計となっています。動作温度範囲の拡大により、過酷な環境でもスキャンが可能となりました。将来性を考えたインターフェースにより、他のアクセサリもスキャナーに接続でき、現場での補正作業も可能です。

Focusを持ち運び可能なコンピューターでFARO SCENEに接続すると、プロジェクトスキャンデータが自動で完全登録されます。このオンサイトレジストレーション機能により、オフィスでのレジストレーションが不要となり、あらゆる情報を含んだ概要プロジェクトマップがスキャン現場にて生成できます。

FocusS もFocusM も共に、遠く離れたターゲットを再スキャンするという新機能に対応しています。より正確にターゲットを検証するため、さらに高解像度で選択エリアを再スキャンできるようになりました。また、詳細な情報が必要な狭いエリアの再スキャンにより、データ容量と必要なスキャン数を大幅削減できる一方で、可能な限り最高品質の詳細情報の取得が可能です。

FocusSの他に、FAROは、FocusM 70 レーザースキャナーを提供しています。これはFocusS 70とスキャン可能距離は同じですが、機能と距離精度を少し抑えた設計で、室内や狭いエリアでの用途に最適です。

スキャンデータ処理を行う上で、ユーザーはソフトウェアを自由に選択できるので、自身のワークフローに最適なソフトウェアを活用できます。FARO Focus Laser Scannerで取得した点群データは、FARO SCENE、FARO As-Built、FARO BuildIT Construction、FARO Zone 2D、FARO Zone 3DおよびAutodesk Recapといった他社ソフトウェアなど、様々なソフトウェアパッケージで使用可能です。

全スキャナーは直射日光下でもスキャンが可能です。また、リモートスキャン機能とSCENE Webshare Cloudを経由してほぼ無制限のデータ共有ができることで、レーザースキャンは真にポータブル性が高まりました。

 

お見積り、デモのご依頼等詳しくはお問合せください。

※下の文字を隣のフォームに入力してください
captcha

室内飛行場を完備したドローンホテルをご案内します

弊社提携ホテル(山形県庄内エリア)では宿泊のお客様向けに大宴会場を開放し、天候に左右されず室内で思う存分飛行訓練に集中できる環境を整備しております。

 

現在本格的な運用に向けて試験運用中につき、宿泊人数およびご利用可能な日時等制限がございますが、

多人数むけ合宿ドローンライセンス教習(弊社によるライセンス教習)も実施可能です。

 

詳しくはお問合せください。

※下の文字を隣のフォームに入力してください
captcha

 

農水省よりドローンによる農薬散布に関する新ガイドライン案が公示

農水省より無人マルチローター機(ドローン)による農薬散布に関する新ガイドライン案が公示され、パブリックコメントの募集が開始されました。

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=550002890&Mode=0

 

本件の施行に伴い、無人マルチローター機(ドローン)による農薬空中散布に関する既存の旧ガイドラインは廃止されます。
新ガイドラインは2019年7月1日より施行されます。

 

弊社では、農薬散布ドローンの販売、教習、整備・メンテナンスサービスを提供しております、お気軽にご相談ください。

 

※下の文字を隣のフォームに入力してください
captcha

EAMS ROBOTICS社製品の取り扱いを開始します

かねてより農業関連事業でご一緒させて頂いておりました、EAMS ROBOTICS社製品の取り扱いを開始いたします。

山形県庄内地区限定

 

農薬散布ドローン EAMS ROBOTICS エアロスプレイヤーAS5
農薬散布ドローン EAMS ROBOTICS エアロスプレイヤーAS5

 

主に産業用無人航空機や遠隔操作機材の販売、教習、サポート等の各サービスをご提供いたします。

また、EAMS ROBOTICS社製無人航空機(ドローン)をご購入される方には、EAMS無人航空機運用技能証明講習も実施致します。

お気軽にお問い合わせください。
※山形県庄内地区のお客様に限ります。

 

※下の文字を隣のフォームに入力してください
captcha

国土交通省 航空局 無人航空機 HP掲載の講習団体(ドローン スクール)となりました

弊社はこれまでも、国内外問わず無人航空機(ドローン、UAV)の基礎知識や操作指導を含めた教習を実施してまいりましたが、今後は国土交通省航空局HPに掲載される講習団体として教習を実施するドローンスクールとなりましたのでお知らせいたします。

※2019/4/1付で国土交通省ホームページ上に記載。

 

[技能認証に含む飛行形態]

  1. 人又は家屋の密集している地域の上空
  2. 人又は物件と30mの距離が確保できない飛行
  3. 進入表面等の上空の空域
  4. 地表又は水面から150m以上の高さの空域
  5. 夜間飛行
  6. 目視外飛行
  7. 催し場所上空の飛行
  8. 危険物の輸送
  9. 物件投下

 

教習受講後、修了者(試験合格者)には、

「無人航空機飛行ライセンス」

を発行いたします。

また、これまでの弊社の業務経験と実績を活かし上記を含む専門性の高以下のオプションもご用意しております。

 

  • 農薬散布(危険物輸送、物件投下)
  • 3次元測量、3Dモデリング(目視外飛行、自動操縦)
  • オートパイロット(目視外飛行、自動操縦)

 

無人航空機のライセンス取得をご検討の皆様は、法人個人問わず是非お気軽にご相談ください。

 

※下の文字を隣のフォームに入力してください
captcha

最大離陸重量25kgを超える大型農薬散布ドローン 20L機、ご相談ください

20L大型農薬散布ドローン現状では航空法の都合で国内に流通しているほとんどの農薬散布機は、最大10Lタンクを搭載した最大離陸重量25kg以下の機種がほとんどです。

 

弊社では最大離陸重量25kgを超え20Lタンクを搭載可能な農薬散布用の無人航空機(UAV,ドローン)を取り扱っております。

弊社がご提供可能な機体は既に中国では運用されており実績のある優秀な機材ですが、国内リリースに向けて現在準備を進めております。

 

カートリッジ交換式20Lタンクを使用し、現場での利便性を高めております

 

本格的なリリースまで、もう少しお時間を頂戴しますが、試験的に導入をご検討の生産者の皆様および業者様に向けて、条件次第では限定的にご提供可能な状況になりましたのでご案内差し上げます。

お気軽にご相談ください。

 

※下の文字を隣のフォームに入力してください
captcha

農薬散布ドローン デモ、セミナーが好評でございます

昨年より今年にかけて、無人航空機(ドローン、UAV)による空中農薬散布に関するお問い合わせが急増しております。

 

弊社では弊社製品はもちろん、マゼックス社、イームズロボティクス社、及びその他メーカー製のドローンを多数取り扱っており、生産者の皆様のニーズに応じた最適な機種をご提案・販売差し上げております。

 

画像はマゼックス社製10L農薬散布機

 

また、デモフライトを含めたセミナーや生産者の皆様に向けた勉強会などを承っており、非常に高評価を頂いております。特に新年度は様々な規制が改正されるため、セミナーや勉強会のご要望も多く、全国の生産者、関係団体の皆様より多数ご依頼頂いております。

 

私どもは正直申し上げて農業に関しては学ばせて頂く立場ですが、ドローンの専門家の観点から、メーカーサイドの押し付けにならないよう実際に生産者の皆様の現場で本当に役立つ情報を提供できるよう心がけております。

 

ご希望に応じてできる限り柔軟に対応させて頂きますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

※下の文字を隣のフォームに入力してください
captcha

 

 

年末年始休業のお知らせ

各位

平素は大変お世話になっております、弊社(本社)の年末年始休業について以下の通りお知らせ申し上げます。

 

  • 期間:2019/1/1(火)〜3(木)

 

2019/1/4(金)より通常営業となります。

休業期間前後数日は業務が集中する可能性がございますが順次対応させて頂きます、また本社を除く各営業所につきましては、年末年始期間一部業務を縮小しての営業となりますので、ご理解とご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。

 

バニラファクトリー株式会社

マゼックス社農薬散布ドローン(無人航空機)の販売を開始いたします

お客様各位

平素は大変お世話になっております、バニラファクトリーで御座います。

弊社は、マゼックス社と正規販売代理店契約を締結し、同社製品の取り扱いを開始致します。

 

10L農薬散布機 飛助DX

画像はマゼックス社製10L農薬散布機

 

 

10L農薬散布機を中心に、マゼックス社製の産業用無人航空機(UAV=ドローン)全般を取り扱います。

飛助DXは、今回の正規販売代理店契約に先駆けて取り扱いを開始しており、その性能は今シーズンの農薬散布実績でも証明された優秀な機体です。

 

 

飛助DXのデモ機もご用意し、デモンストレーションやドローンによる農薬散布、その他建設や産業用途のセミナー等も承りますので、お気軽にご相談ください。

 

また、国内はもとより海外でのドローンパイロット、チームスタッフ育成経験を活かし、ドローンによる農薬散布および産業用途ドローンの教習、スクールもご用意しております、併せてご検討頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

 

ご購入、お見積り、セミナーや教習のご依頼、その他ご相談は以下のフォームよりお気軽にご連絡ください。
(来シーズンに向けてのご相談、お問合せが集中しておりますので、お返事まで少々お時間をいただく場合が御座います、ご理解とご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。)

 

 

ご相談・お問合せ

※下の文字を隣のフォームに入力してください
captcha