【国土交通省からのお知らせ】(重要)無人航空機の空港周辺での飛行禁止空域の拡大について

****************(重要)飛行禁止空域の拡大について*******************

<令和元年9月18日付け>
新千歳空港・成田国際空港・東京国際空港・中部国際空港・関西国際空港・大阪国際空港・福岡空港・那覇空港では、新たに進入表面若しくは転移表面の下の空域又は空港の敷地の上空の空域が無人航空機の飛行禁止空域となっております。
当該空域で無人航空機を飛行させたい場合には、国土交通大臣による許可が必要ですので、所定の手続きを行ってください。

参照:国土交通省からのお知らせ 無人航空機の空港周辺での飛行禁止空域の拡大について
https://safetyp.cab.mlit.go.jp/wp-content/uploads/2019/10/notice_airspace.pdf

****************************************************

平素より航空行政へのご理解ありがとうございます。

今般「航空法施行規則の一部を改正する省令(令和元年国土交通省令第29号)」・「無人航空機の飛行禁止区域等を定める告示(令和元年国土交通省告示第461号)」が全面施行され、一部の空港について航空法第132条第1号の禁止空域が拡大されております
告示で定める空港(新千歳空港・成田国際空港・東京国際空港・中部国際空港・関西国際空港・大阪国際空港・福岡空港・那覇空港)では、新たに進入表面若しくは転移表面の下の空域又は空港の敷地の上空の空域が飛行禁止空域となっております。

また、同日付けで「航空法及び運輸安全委員会設置法の一部を改正する法律(令和元年法律第38号)」・「航空法施行規則の一部を改正する省令(令和元年国土交通省令第29号)」が一部施行・全面施行され、以下の無人航空機の飛行の方法が追加されております。

・アルコール又は薬物等の影響下で飛行させないこと
・飛行前確認を行うこと
・航空機又は他の無人航空機との衝突を予防するよう飛行させるこ
・他人に迷惑を及ぼすような方法で飛行させないこと

航空法の詳細は、次のサイトをご確認ください。
https://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

◯その他空港周辺での規制
「ラグビーワールドカップ2019日本大会」が9月20日から11月2日まで開催されることに伴い、「平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法」に基づき、対象空港において指定された期間中は全ての小型無人機等の飛行が原則禁止となっております
【対象空港】新千歳空港、成田国際空港、東京国際空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港、大分空港
詳細な対象区域、期間等は次のサイトをご確認ください。
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk2_000015.html

上記内容につきまして、傘下団体及び会員の皆様へ広く周知の程を宜しくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------
国土交通省航空局安全部 無人航空機担当
E-Mail  hqt-jcab.mujin@mlit.go.jp
URL (航空局)http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html
(DIPS) https://www.dips.mlit.go.jp/
【無人航空機ヘルプデスク】電話:03-4588-6457(受付時間:平日午前9時から午後5時まで)

子ども連れ家族層の集客に最適なコンテンツ ドローン体験会をプロデュース

弊社では集客コンテンツとしてドローンの体験会の企画から運営全般を承っております。

様々なイベントや展示会場にドローン体験ブースを設置し、毎回お子様連れのご家族で賑わっており、主催者様から大変好評を頂いております。

 

昨今、ドローンは注目度の高いキーワードのひとつで、特にお子様やその親御さんも興味津々でお越しくださいます。

事前にWEB/SNS、チラシ、テレビなどで告知・PRすることで、高い集客性が見込めます。

 

使用する機材は、安全性を考慮し小型で軽量なマルチコプタータイプのトイドローンを使用。

DJI(Ryze) TELLO

 

室内に四方をネットで囲ったスクリーンタープを設置し、安全を最優先したブースを設置。
業務用の大型機の展示含め、大人でも楽しんで頂けるよう工夫しております。

簡単な操作指導や、様々なミッションをクリアするアトラクションなど、イベントや展示会の内容に応じて最適な体験会をプロデュースします。

全国~海外出張対応しますので詳細はお問合せください。

 

また、弊社では大人向けのドローンセミナーや、ドローンライセンス教習(国土交通省航空局HP記載講習団体)も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

お問合せ、ご相談はこちら

※下の文字を隣のフォームに入力してください
captcha

【航空局からのお知らせ】ラグビーワールドカップ2019に伴うに伴う指定区域上空の飛行禁止及び飛行自粛について

ラグビーワールドカップ2019の開催に伴い、「平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法」に基づく飛行禁止区域が指定されました。
大会開催期間及びその前後数日の間は、同法に基づき、全国12会場、ファンゾーン、ラストマイル及び関係空港並びにその周辺地域の上空における小型無人機、操縦装置を有する気球、ハンググライダー(原動機を有するものを含む。)、パラグライダー(原動機を有するものを含む。)等の飛行は禁止されます。
また、警察庁からの要請により「平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法」に基づく飛行禁止区域外の関係地域上空においても、無人航空機の飛行を自粛していただきますようお願いします(具体的な飛行自粛要請地域は以下のとおり)。やむを得ない理由により飛行させる場合には、管轄する都道府県警察本部に連絡してください。
具体的な飛行禁止区域等の詳細については以下のホームページをご確認下さい。

○平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法の飛行禁止区域等に関する情報
【対象空港等の指定に関する情報】
国土交通省ホームページ
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk2_000015.html
【対象大会関係施設等の指定に関する情報】
文部科学省ホームページ
http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/hakusho/nc/1420544.htm

○小型無人機等飛行禁止法に関する情報
警察庁ホームページ
https://www.npa.go.jp/bureau/security/kogatamujinki/index.html
○飛行自粛要請地域及び期間
北海道札幌市(9/16~29)
千歳市及び苫小牧市(9/16~25)
岩手県釜石市(9/15~10/15,19,20,26,27、11/1,2)
埼玉県熊谷市(9/14~10/11)
東京都千代田区及び中央区(9/20~22,28,29、10/5,6,12,13,19~21,26,27、11/1,2)
大田区(9/13~11/5)
調布市及び府中市(9/10~11/6)
千葉県成田市、香取郡多古町及び山武郡芝山町(9/13~11/5)
神奈川県横浜市(9/11~11/6)
静岡県袋井市及び掛川市(9/10~10/13)
静岡市(9/20~22,28,29、10/4,5,9,11,13)
浜松市(9/20,28、10/4,5,9,11,13,26,27、11/2)
愛知県豊田市(9/13~10/14,19,20,26,27,11/2)
常滑市(9/18~10/15)
大阪府東大阪市(9/12~10/15)
大阪市(9/21,22,28、10/3,5,13)
泉佐野市、泉南市及び泉南郡田尻町(9/17~10/16)
兵庫県神戸市(9/16~10/10)
福岡県福岡市及び糟屋郡志免町(9/16~10/23)
糟屋郡粕屋町(9/21~10/23)
熊本県熊本市(9/20~22,9/26~10/15)
菊池郡菊陽町(9/26~10/15)
大分県大分市(9/20,9/22~10/24,26,27,11/2)
国東市(10/14~10/22)
○都道府県警察の連絡先
北海道警察本部  011-251-0110(内線5752)
岩手県警察本部  019-653-0110(内線5722)
警視庁      丸の内警察署 03-3213-0110(内線4612)
東京空港警察署 03-5757-0110(内線4612)
調布警察署 042-488-0110(内線4612)
千葉県警察本部  043-201-0110(内線5773)
埼玉県警察本部  048-832-0110(内線5934)
神奈川県警察本部 045-211-1212(内線6432)
静岡県警察本部  054-271-0110(内線6481又は6320)
愛知県警察本部  052-951-1611(内線5532)
大阪府警察本部  06-6943-1234(内線57240)
兵庫県警察本部  078-341-7441(内線5721【夜間・休日5505】
福岡県警察本部  092-641-4141(内線5917)
熊本県警察本部  096-381-0110(内線5786又は5787)
大分県警察本部  097-536-2131(内線5782)

-------------------------
国土交通省航空局安全部運航安全課 無人航空機担当
TEL 03-5253-8111(内線48675、48687、48688)

国土交通省

 

ドローンライセンス教習、増税前対応のご案内

Phantom4 RTK
3次元測量向け DJI Phantom4 RTK

来る新消費税率適用に際し弊社ドローンライセンス教習(無人航空機飛行ライセンス)の増税前のご案内を差し上げます。

 

9月末日までに無人航空機飛行ライセンス教習を受講完了(代金の決済含む)されたお客様まで、現在の消費税率で承っております。
日程の調整等必要となりますので、教習受講、ライセンス取得をお考えのお客様は、是非お早めにご検討頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。

10L農薬散布機 マゼックス 飛助DX

 

3次元測量や農薬散布のオプションコースも充実しております、
ご質問、ご依頼等詳しくはお気軽にご相談ください。

※下の文字を隣のフォームに入力してください
captcha

 

 

まだ間に合います!増税前マゼックス社 農薬散布ドローン導入のチャンス

農薬散布ドローンの導入をご検討中のお客様にご案内差し上げます。

消費税増税まで、あと約1カ月となりました。

 

散布性能、コストと性能のバランスの良さで今シーズンも大変ご好評を頂いておりますマゼックス社製農薬散布ドローン(飛助シリーズ等)ですが、受注生産品につきどうしても納品まで少々お時間を頂戴しております。

飛助DX

 

マゼックス社と協議の上現時点では

2019年9月10日ご発注分まで増税前納品

とさせて頂くこととなりましたのでご案内差し上げます。
※納品前に代金支払い済みの場合に限ります。増税後のお支払いにつきましては通常通り新税率の消費税を頂戴いたします。

 

駆け込み需要の増加に伴い変動する可能性もございますので増税前の消費税率で購入をご検討中のお客様はお早めに発注頂けますよう、ご検討を宜しくお願い申し上げます。

 

ご質問、ご依頼等詳しくはお気軽にご相談ください。

※下の文字を隣のフォームに入力してください
captcha

無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領が改正されました 2019/7/26

新たに航空法に基づく許可・承認を受け、飛行を行う場合は、その都度、飛行前に「飛行情報共有システム」を利用して飛行経路に係る他の無人航空機の飛行予定の情報等を確認するとともに、当該システムへ飛行予定の情報を入力することが必要となります。

無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領 改正(PDF)
・飛行情報共有システム https://www.fiss.mlit.go.jp/top

引用:国土交通省

※弊社管理の飛行許可承認を取得している皆様には別途ご案内差し上げます。

 

上記に伴い今後新規(更新含む)に飛行許可を申請される皆様は、従来よりひとつ手間が増えます。

 

弊社は国土交通省航空局HP記載の講習団体ですので、

本件含め初心者の方にも航空法などの法規や、ドローンの基本的な操作など懇切丁寧なドローン教習(修了者に無人航空機飛行ライセンス発行)を承っております。

教習は同時に最大2名までの少人数制で、飛行訓練はインストラクターがマンツーマンでしっかりと指導致します。(3名以上同時教習をご希望のお客様はご相談ください。)。

またご要望に応じた内容(映像、農業、建設業など業種別に特化するなど)で、企業様や団体様向けのドローン講習も承っております、お気軽にご相談ください。

 

ドローン教習に関するご質問、ご依頼等詳しくはお気軽にお問合せください。

※下の文字を隣のフォームに入力してください
captcha

FARO®社 製品の取り扱い開始 3Dソリューション レーザースキャナほか

FARO® レーザースキャナ FOCUS
FARO® レーザースキャナ FOCUSシリーズ

 

バニラファクトリーはドローン(UAV=無人航空機)による3次元測量サービスの事業展開拡大を図り、FARO社製3Dスキャンソリューションの取り扱いを開始しました。

機材の販売はもちろん、トレーニング、デモ等柔軟に対応させて頂きますので、お気軽に問い合わせください。

 

 

FOCUS 350
FOCUS 350

 

製品概要

Focusシリーズには、測定範囲の異なる3つのレーザースキャナーがあります。Focus 350は最大350mまでの長距離スキャン、Focus 150は最大150mまでの中距離スキャン、そして、Focus 70は最大70mまでの短距離スキャンに最適です。

S レーザースキャナーモデルは全て、IP54規格に準拠した防塵・防水設計です。スキャナーは、過酷なスキャン条件で発生の可能性がある粉塵、飛沫、またその他の外部環境からの侵入を防ぐ設計となっています。動作温度範囲の拡大により、過酷な環境でもスキャンが可能となりました。将来性を考えたインターフェースにより、他のアクセサリもスキャナーに接続でき、現場での補正作業も可能です。

Focusを持ち運び可能なコンピューターでFARO SCENEに接続すると、プロジェクトスキャンデータが自動で完全登録されます。このオンサイトレジストレーション機能により、オフィスでのレジストレーションが不要となり、あらゆる情報を含んだ概要プロジェクトマップがスキャン現場にて生成できます。

FocusS もFocusM も共に、遠く離れたターゲットを再スキャンするという新機能に対応しています。より正確にターゲットを検証するため、さらに高解像度で選択エリアを再スキャンできるようになりました。また、詳細な情報が必要な狭いエリアの再スキャンにより、データ容量と必要なスキャン数を大幅削減できる一方で、可能な限り最高品質の詳細情報の取得が可能です。

FocusSの他に、FAROは、FocusM 70 レーザースキャナーを提供しています。これはFocusS 70とスキャン可能距離は同じですが、機能と距離精度を少し抑えた設計で、室内や狭いエリアでの用途に最適です。

スキャンデータ処理を行う上で、ユーザーはソフトウェアを自由に選択できるので、自身のワークフローに最適なソフトウェアを活用できます。FARO Focus Laser Scannerで取得した点群データは、FARO SCENE、FARO As-Built、FARO BuildIT Construction、FARO Zone 2D、FARO Zone 3DおよびAutodesk Recapといった他社ソフトウェアなど、様々なソフトウェアパッケージで使用可能です。

全スキャナーは直射日光下でもスキャンが可能です。また、リモートスキャン機能とSCENE Webshare Cloudを経由してほぼ無制限のデータ共有ができることで、レーザースキャンは真にポータブル性が高まりました。

 

お見積り、デモのご依頼等詳しくはお問合せください。

※下の文字を隣のフォームに入力してください
captcha

室内飛行場を完備したドローンホテルをご案内します

弊社提携ホテル(山形県庄内エリア)では宿泊のお客様向けに大宴会場を開放し、天候に左右されず室内で思う存分飛行訓練に集中できる環境を整備しております。

 

現在本格的な運用に向けて試験運用中につき、宿泊人数およびご利用可能な日時等制限がございますが、

多人数むけ合宿ドローンライセンス教習(弊社によるライセンス教習)も実施可能です。

 

詳しくはお問合せください。

※下の文字を隣のフォームに入力してください
captcha

 

農水省よりドローンによる農薬散布に関する新ガイドライン案が公示

農水省より無人マルチローター機(ドローン)による農薬散布に関する新ガイドライン案が公示され、パブリックコメントの募集が開始されました。

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=550002890&Mode=0

 

本件の施行に伴い、無人マルチローター機(ドローン)による農薬空中散布に関する既存の旧ガイドラインは廃止されます。
新ガイドラインは2019年7月1日より施行されます。

 

弊社では、農薬散布ドローンの販売、教習、整備・メンテナンスサービスを提供しております、お気軽にご相談ください。

 

※下の文字を隣のフォームに入力してください
captcha

EAMS ROBOTICS社製品の取り扱いを開始します

かねてより農業関連事業でご一緒させて頂いておりました、EAMS ROBOTICS社製品の取り扱いを開始いたします。

山形県庄内地区限定

 

農薬散布ドローン EAMS ROBOTICS エアロスプレイヤーAS5
農薬散布ドローン EAMS ROBOTICS エアロスプレイヤーAS5

 

主に産業用無人航空機や遠隔操作機材の販売、教習、サポート等の各サービスをご提供いたします。

また、EAMS ROBOTICS社製無人航空機(ドローン)をご購入される方には、EAMS無人航空機運用技能証明講習も実施致します。

お気軽にお問い合わせください。
※山形県庄内地区のお客様に限ります。

 

※下の文字を隣のフォームに入力してください
captcha