航空局からのお知らせ】親謁の儀に伴う関係地域上空の飛行自粛について

無人航空機ユーザー 各位

平素より航空行政へのご理解ありがとうございます。

本年11月21日(木)から23日(土)までの間、三重県伊勢市内の「伊勢神宮」において、「神宮に親謁の儀」、11月26日(火)から28日(木)までの間、奈良県橿原市内の「神武天皇山陵」及び京都府京都市内の「孝明天皇山陵」、「明治天皇山陵」において「即位礼及び大嘗祭後親謁の儀」が執り行われます。同期間中は多数の人出が予想されることから、警察庁からの要請により、関係地域上空において、無人航空機の飛行を自粛していただきますようお願いします(具体的な飛行自粛要請地域は以下のとおり)。やむを得ない理由により飛行させる場合には、管轄する県警察本部に連絡してください。
なお、航空法により、上記の期間にかかわらず、空港等の周辺や人口集中地区の上空等の空域は、原則として無人航空機の飛行は禁止となっております。

【11月21日(木)~23日(土)】
◯飛行自粛要請地域
三重県伊勢市
◯県警察の連絡先
三重県警察本部 059-222-0110(内線 5892)

【11月26日(火)から28日(木)】
◯飛行自粛要請地域
奈良県橿原市、京都府京都市
◯府県警察の連絡先
奈良県警察本部 074-223-0110(内線 5920)
京都府警察本部 075-451-9111(内線 6591)

以上、よろしくお願い致します。

-------------------------
国土交通省航空局安全部運航安全課 無人航空機担当
E-Mail  hqt-jcab.mujin@ml.mlit.go.jp
URL (航空局)http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html
(DIPS) https://www.dips.mlit.go.jp/

【航空局からのお知らせ】G20観光大臣会合開催に伴う指定区域上空の飛行禁止及び飛行自粛について

平素より航空行政へのご理解ありがとうございます。
今般、「小型無人機等飛行禁止法」に基づく外務省告示によりニセコHANAZONOリゾートの一部及びその周辺地域の上空が飛行禁止区域として指定されました。また、警察庁より、飛行禁止区域外の関係地域上空での無人航空機により飛行の自粛要請がございました。
つきましては、下記のとおり連絡させていただきますので、趣旨ご理解の上、傘下会員及び関係団体等へご連絡など御協力方よろしくお願いします。

【小型無人機等飛行禁止法に基づく指定区域上空の飛行禁止及び飛行自粛】
G20観光大臣会合の開催に伴い、「小型無人機等飛行禁止法」に基づく飛行禁止区域が指定されました。
10月24日より10月27日までの間は、同法に基づき、ニセコHANAZONOリゾートの一部及びその周辺地域の上空における小型無人機、操縦装置を有する気球、ハンググライダー(原動機を有するものを含む。)、パラグライダー(原動機を有するものを含む。)等の飛行は禁止されます。
また、警察庁からの要請により「小型無人機等飛行禁止法」に基づく飛行禁止区域外の関係地域上空においても、無人航空機の飛行を自粛していただきますようお願いします(具体的な飛行自粛要請地域は以下のとおり)。やむを得ない理由により飛行させる場合には、管轄する北海道警察本部に連絡してください。
具体的な飛行禁止区域等の詳細については以下のホームページをご確認下さい。
なお、航空法により、上記の期間にかかわらず、空港等の周辺や人口集中地区の上空等の空域は、原則として無人航空機の飛行は禁止となっております。

○小型無人機等飛行禁止法の飛行禁止区域に関する情報
外務省ホームページ
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/ec/page22_003331.html
○小型無人機等飛行禁止法に関する情報
警察庁ホームページ
https://www.npa.go.jp/bureau/security/kogatamujinki/index.html
○飛行自粛要請地域
北海道虻田郡倶知安町
○道警察の連絡先
北海道警察本部 011-251-0110(内線5752)

-------------------------
国土交通省航空局安全部運航安全課 無人航空機担当
TEL 03-5253-8111(内線48675、48687、48688)
E-Mail  hqt-jcab.mujin@ml.mlit.go.jp
URL (航空局)http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

【国土交通省からのお知らせ】(重要)無人航空機の空港周辺での飛行禁止空域の拡大について

****************(重要)飛行禁止空域の拡大について*******************

<令和元年9月18日付け>
新千歳空港・成田国際空港・東京国際空港・中部国際空港・関西国際空港・大阪国際空港・福岡空港・那覇空港では、新たに進入表面若しくは転移表面の下の空域又は空港の敷地の上空の空域が無人航空機の飛行禁止空域となっております。
当該空域で無人航空機を飛行させたい場合には、国土交通大臣による許可が必要ですので、所定の手続きを行ってください。

参照:国土交通省からのお知らせ 無人航空機の空港周辺での飛行禁止空域の拡大について
https://safetyp.cab.mlit.go.jp/wp-content/uploads/2019/10/notice_airspace.pdf

****************************************************

平素より航空行政へのご理解ありがとうございます。

今般「航空法施行規則の一部を改正する省令(令和元年国土交通省令第29号)」・「無人航空機の飛行禁止区域等を定める告示(令和元年国土交通省告示第461号)」が全面施行され、一部の空港について航空法第132条第1号の禁止空域が拡大されております
告示で定める空港(新千歳空港・成田国際空港・東京国際空港・中部国際空港・関西国際空港・大阪国際空港・福岡空港・那覇空港)では、新たに進入表面若しくは転移表面の下の空域又は空港の敷地の上空の空域が飛行禁止空域となっております。

また、同日付けで「航空法及び運輸安全委員会設置法の一部を改正する法律(令和元年法律第38号)」・「航空法施行規則の一部を改正する省令(令和元年国土交通省令第29号)」が一部施行・全面施行され、以下の無人航空機の飛行の方法が追加されております。

・アルコール又は薬物等の影響下で飛行させないこと
・飛行前確認を行うこと
・航空機又は他の無人航空機との衝突を予防するよう飛行させるこ
・他人に迷惑を及ぼすような方法で飛行させないこと

航空法の詳細は、次のサイトをご確認ください。
https://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

◯その他空港周辺での規制
「ラグビーワールドカップ2019日本大会」が9月20日から11月2日まで開催されることに伴い、「平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法」に基づき、対象空港において指定された期間中は全ての小型無人機等の飛行が原則禁止となっております
【対象空港】新千歳空港、成田国際空港、東京国際空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港、大分空港
詳細な対象区域、期間等は次のサイトをご確認ください。
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk2_000015.html

上記内容につきまして、傘下団体及び会員の皆様へ広く周知の程を宜しくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------
国土交通省航空局安全部 無人航空機担当
E-Mail  hqt-jcab.mujin@mlit.go.jp
URL (航空局)http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html
(DIPS) https://www.dips.mlit.go.jp/
【無人航空機ヘルプデスク】電話:03-4588-6457(受付時間:平日午前9時から午後5時まで)